第107回 とりドル 腐敗した旅行業界に嫌気が差してはいるのだが……

90年代、黎明期のカンボジアで旅行業界に深く関わっていたとりドルさん。当時、シェムリアップに飛んできた三泊四日のツアー客(個人旅行はほとんど皆無)が、悪徳ガイドから散々むしられ、ぼったくられる光景を眺め、心を痛めていた。そのシステムは今、日本を訪れる東南アジアからのツアー観光客に見事応用され、日本人もお人好しばかりではないことを世界に示している。そんな話……。

この番組はアマゾンキンドルストアで発売中の電子書籍。人生再インストール情報誌 シックスサマナ の提供です。番組へのお便りは こちら からどうぞ!

クーロン黒沢, とりドル

この回は公開を終了しました。こちら のサイトから過去放送の詰め合わせSDカードが入手できます! 収益は番組制作に充てさせていただきます。

この記事へのコメント