第87回 ジェミング志村 カンボジアの銀行にセカシューしようと思った50過ぎの夏

ゲストはバンコク在住の経済評論家、ジェミング志村氏。数年前のある日、反則バックパッカーがだらりと余生を過ごすカンボジア・プノンペンの安宿街で、サイケデリックな化学物質と触れ合いながら自堕落なひとときを送っていたところ、明日が面接日であることをふと思い出した。何を隠そう、水面下でカンボジアに進出した某銀行への就職活動を進めていた志村さん。短パンに泥だらけの靴で臨んだ面接には、なんと頭取までも登場。そんな頭取に志村さんが語った驚異のビジョンとは? ヤバすぎるセカシューの実体をぜひお聞き下さい!

クーロン黒沢, ジェミング志村, キテレツ

この回は公開を終了しました。こちら からダウンロードいただけます。収益金は番組制作に充てさせていただきます。投げ銭と思ってぜひお買い上げを。なお、お買い上げ後は必ず3日以内に音声ファイルを保存してください。

お買い上げ後、ダウンロードリンクの記されたメールが届かない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをご確認ください。

この記事へのコメント