2014年07月10日

第65回 とりドル シェムリアップで猫田猫と会ったときの思い出

バンコク・スティサンで人気沸騰のカオマンガイショップを営むとりドルさん。前回、カワイイ娘・息子さんばかりか、よりによって自分までもがパンツに手を突っ込まれてしまう驚愕話を披露したばかりだが、今回はちょっとひとやすみ。店の移転と、かつて彼が住んでいたカンボジア・シェムリアップにやってきた奇人・変人の中から、シックスサマナ14号のゲスト・蔵前仁一さんも出会った猫田猫をご紹介します。バンコクのハイソなイイ女を見たい──という変わった方にお勧め?のレストランも紹介。

クーロン黒沢, とりドル

この回は公開を終了しました。こちら からダウンロードいただけます。収益金は番組制作に充てさせていただきます。投げ銭と思ってぜひお買い上げを。なお、お買い上げ後は必ず3日以内に音声ファイルを保存してください。

お買い上げ後、ダウンロードリンクの記されたメールが届かない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをご確認ください。
posted by sixsamana at 06:18| Comment(0) | 触れ合い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: